KUKA Mission 2030

KUKAミッション2030

直感的でインテリジェントなオートメーションソリューションの提供により、KUKAは、あらゆる規模の製造企業が将来の要求を満たすようサポートします。

オートメーションの未来を形成

今後10年以内に、ロボットを使って仕事をする人は、世界中で増えてゆきます。オートメーションは現代の最も重要な大きな流れの一つであり、より多くの分野に進出し、より多くの人々にワークフローの自動化という機会と課題を与えています。 

誰もが簡単にオートメーションを利用できるように

ミッション2030は、KUKAのグローバルネットワークとロボティクスの専門知識、そして柔軟でデータ駆動型のオートメーションソリューションを駆使して、この世界的なシフトへの対応の努力を焦点としています。KUKAの目標は、地球上のあらゆる場所に産業インテリジェンスをもたらし、ロボットベースのオートメーションへの容易なアクセスを提供することです。すでに専門家である人々のオートメーション経験を向上させるのみならず、経験の浅い新人にも、オートメーションソリューションの直感的な実装と簡単な操作の恩恵を受けられるようにします。 

KUKAグループ – 未来への照準

ロボティクスからオートメーション、イントラロジスティックス、投薬管理までの深い専門知識と革新的パワーで、KUKAはお客様に幅広いインテリジェントオートメーションソリューションとサービス、そしてお客様にとって容易に拡張可能なイノベーションと新たなコンセプトを提供します。

KUKA Group – focus op de toekomst
KUKAグループは、デジタル接続されたソリューションシステムで未来のオートメーションを創造します。

3倍簡単:
簡単に設定、簡単に操作、簡単に拡張

「2030年までの当社のミッション:オートメーションは誰もが利用できるようになります。ご存じのKUKAのパワーと信頼性はそのままに、よりシンプルで直感的なものになります。これにより、新規参入の敷居が低くなり、新たなお客様が自らオートメーションの強者に成長してゆくようになります。ロボットのプログラミングは、今日のPCでの作業と同じくらい簡単になるでしょう」と、KUKAグループCEOペーター・モーネンは述べています。KUKAでは新時代のオートメーションソリューションを創造するプロセス全体を、簡単さのアイデアが導いています。開発者やエンドユーザーが簡単にアクセスできるエコシステムから、簡単なセットアップ、構成プログラミング、そして最終的には簡単な操作と使用に至るまで、すべてが容易に入手可能なソフトウェアとハードウェアコンポーネントと結びついています。モジュール式で将来性のあるオペレーティングシステムであり、簡素化されたユーザーエクスペリエンスにより、卓越した顧客価値を生み出すのが、iiQKAエコシステムです。 

生産的パートナーシップの構築

デジタル化と複雑化が進む世界では、単独または効率的な方法でタスクを解決することは、ますます困難になっています。このような理由から、KUKAは様々な戦略的提携に積極的に参加し、パートナーのネットワークをさらに強化し、多様化しています。幅広い専門知識を持つパートナーは、各産業のニーズを満たし、グローバルオートメーションコミュニティの中でKUKAと共にオートメーションの未来を形成してゆきます。ロボティクスやオートメーションの専門家だけでなく、これまでロボットを使うことを考えたことがなかった人々のために、KUKAと共に未来のエコシステムを創造し、発展させてゆくパートナーです。このように、KUKAは名高いパートナーと共に、新しい世界に同行し、コストを削減し、利益を増大させることを最優先にます。

未来を見据えて:今日と明日の課題に対応

コロナウイルス感染症の大流行は、サプライチェーン、ワークフロー、生産プロセスを一変させました。新技術は、業界がこの変化に持続可能な方法で適応してゆくうえで役立っています。オートメーション、ロボティクス、デジタル化は、企業が将来に向けて堅牢かつ強靭なラインナップを構築する際の重要な要素となります。顧客の要求に適したソリューションを提供するKUKAの子会社Swisslogは、すでにアジアの電子商取引大手Lazada向けに、いくつかの物流プロジェクトを実施中です。 

 

Peter Mohnen, CEO van KUKA AG

コロナウイルス感染症の大流行の後には、特に物流やヘルスケアの分野でオートメーションの推進が本格化し、中期的には大きな影響を与えるでしょう。

KUKA AG CEO、ペーター・モーネン

 

 

メリット


総体的なアプローチ

KUKAのロボットを中心としたデジタルエコシステムの構築により、ある時点ですべての新製品に新しいOSが搭載されることになります。KUKAは明日を見据えて、オープンかつ未来に対応したデザインを持つクラス最高の製品とソリューションを、現在すでにお客様に提供しています。

リショアリングの増加

お客様は、最も早く入手でき、高度にカスタマイズされた製品を購入する傾向にあります。そのためには、スマートファクトリーでネットワーク化された新しい生産プロセスが必要です。このように、KUKAが実現したオートメーションへのアクセスの簡素化は、企業が消費者の近くでコスト効率がよく高品質の生産を行うことを可能にしています。

付加価値

グローバルな競争とデジタルトランスフォーメーションの時代には、真の付加価値はもはや単一の製品ではなく、デジタル的に接続されたソリューションシステムにあります。そのため、KUKAはロボットコンポーネントに加えて、現在および将来の自動化ニーズの鍵となる複雑さを処理するための幅広いソフトウェアソリューションへのアクセスを提供します。

長期的な持続可能性

KUKAは大手グローバルイノベーターとして、お客様のスマートな生産プロセスの実現をサポートします。最先端のオートメーションソリューションで、KUKAはよりシンプルで迅速かつ効率的なプロセスとフットプリントの削減に貢献し、バリューチェーン全体での持続可能性に焦点を当てます。 

Wilfried Eberhardt, Chief Marketing Officer bij KUKA.

今日、ロボットとオートメーションは、デジタルコンセプトと同様に、重要な意味を持っています。KUKAはインダストリアルオートメーションのパイオニアであり、未来のデジタル化された持続可能な生産に関わる製品、ソリューション、イノベーションに向けた適切なプラットフォームも提供します

KUKAチーフマーケティングオフィサー、ウィルフリード・エバーハート。

新たな産業に未来のオートメーションを

あらゆる分野の製造企業に対する要求は継続的に増加しており、柔軟な生産システムを導入することが必要となっています。その解決策は、生産の自動化にあります。そのためKUKAは今後、より多くの産業分野に簡単なオートメーションを提供することに貢献してゆきます。

未来をコントロール 

オートメーションとロボティクスの絶え間ない発展は、KUKAグループの現在のプロジェクトからも明らかです。それらには、バッテリーe-モビリティ分野からの大規模な受注や、小型部品の組み立て、マテリアルハンドリング、テスト向けタスクのKR SCARAKR DELTAなどのその他のロボットタイプのポートフォリオの確立が含まれます。また、デジタルサービスの分野全体には、単一のアプリケーションから生産工場まで、新たなソフトウェアソリューションとマイクロサービスが登場します。さらに、イントラロジスティックスの分野では、Swisslogが統合AIアプリケーションを提供します。このように、KUKAグループの包括的なノウハウと様々なインテリジェントオートメーションソリューションにより、お客様は将来の課題をコントロールすることができるようになります。

KUKA is klaar voor de toekomst
未来のオートメーションに向けて:KUKAがWebastoと共同で実現した、最新のバッテリー生産システムの一つ。 © Webasto_SE
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定