KUKA.LaserTech

KUKA.LaserTechはレーザーカットおよびレーザー溶接向けのプログラミング支援パッケージです。モジュール式構造で簡単に操作できるため、時間の節約になります。このソフトウェアはレーザー溶接およびレーザーカットシステムのロボットコントローラへの組み込みを可能にします。

KUKA.LaserTechソフトウェアの特徴

溶接、はんだ付け、切断:KUKA.LaserTechはさまざまなレーザーアプリケーション向けの汎用性のあるソフトウェアソリューションであり、最高のフレキシビリティを提供します。

KUKA.LaserTechはモジュール式構造です。ユーザーフレンドリーなインラインフォームが、レーザーアプリケーションの統合とプログラミングを簡単に素早く行えるようにします。

動画:KUKAロボットはレーザー溶接をフレキシブルにします

ヨーロッパの最新のフレキシブルなレーザー溶接セルは、ライティラ(フィンランド)に拠点を置くWinNova社(前Innova社)にあります。WinNova社は研究・教育事業の会社で、定期的に造船業からの発注を受けます。この業界の大きく扱いにくいコンポーネントを加工できるように、KUKAはWinNova社のためにハイテクレーザーセル「Innova Lasepro」を開発し、フレキシブルでカメラ監視付きのレーザー溶接およびレーザーカットを可能にしました。
KUKA.LaserTechソフトウェアを使用して、2台のロボットにセル内でさまざまな溶接方法を実行させることができます。

KUKA.LaserTechのメリット

柔軟性

  • 例えば溶接、切断、はんだ付けなどのさまざまなレーザーアプリケーション向けのソフトウェア
  • 例えばPrecitec社製ソリッドカッターなど、加工光学技術の統合に向けたパートナーとの密接な共同作業
  • 各種フィールドバスを通じてレーザー装置の組み込みが可能
  • KUKA.SeamTechなどの他のKUKAソフトウェアパッケージと組み合わせて、センサー、シームトラッキング、部品探知の簡単な統合が可能

ユーザーフレンドリー

  • KUKA標準インラインフォームによる素早く簡単なプロセスコマンドのプログラミング
  • プロセスに関連するすべてのパラメーター(レーザー、ワイヤー、ガスなど)がロボットによって制御可能
  • シンボルステータスボタンによる重要な機能へのクイックアクセス

品質

  • 速度に比例したレーザー出力の制御
  • 最高精度の動作プロセスのサポート
  • 時間と距離に関するレーザー出力の調整

生産性

  • レーザー光源の稼働率を最適化するため、複数のロボット間での非常に素早いレーザーアクセスの切替え
  • プログラミングの簡易化のための多数の機能、例えば
  • ステッチシーム機能
  • 既成形状
  • ワイヤーカット機能

KUKA.LaserTechのシステム要件

ソフトウェア

システムソフトウェアKSS 8.2またはKSS 8.3

ハードウェア

  • KUKAロボットコントローラKR C4
  • フィールドバスシステム(EtherCat、ProfiNet、Interbus、Profibusなど)
  • KSSシステムソフトウェアを搭載したKUKAロボットすべて、数多くのアプリケーションでKUKAのハイアキュラシーロボットが推奨されています
  • レーザー光源および加工光学技術(お客様特有の調整はKUKAとご相談の上であれば可能です)

KUKAロボットを使用したレーザーアプリケーションのメリット

  • 非常にフレキシブルなプラントコンセプトの経済的な実現が可能
  • オープンな6軸キネマティクスによる作業領域の最大化、KUKAポジショナーおよびリニアユニットで拡張可能
  • プラント連結によるインテリジェントなオートメーション化コンセプト
     

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意