Maba Track Solutions GmbH社で枕木をハンドリングするKR 500-3

マルク地方のザウアーラントにあるヴェルドールに拠点を置くKehraTec GmbH社は、2009年から特殊機械製造における独自のプロブレムソリューションを開発しています。

イノベーション、ダイナミクスおよび加工技術の継続的な開発により、衛生業界、搬送技術や薬品業界をはじめ、自動車産業の顧客にはプロセス最適化のための多種多様な可能性を提供する必要があります。

枕木ハンドリングの簡易化

ウィーンの近くに拠点を置くMaba Track Solutions GmbH社はKirchdorferグルーブ傘下の企業で、自社で製造された枕木の完璧な3D測定法を求めてKehraTec社の門を叩きました。その際に求められたのは、枕木の完璧な測定だけではありませんでした。重さ320 kg、長さ2.60 mの枕木のハンドリングを簡易化する方法を見つけることも同時に期待されたのです。

最大320 kgの重量の枕木

まずチェーンコンベアの上にコンクリート製の枕木が乗せられます。供給は種類ごとに行われます。最高7種類の枕木のハンドリングと測定が設備上で可能です。最も大きくて重い枕木は長さが2.60 m、重さが320 kgになります。KUKAロボットがコンクリート製枕木を持ち上げ、頭上で方向を変えます。これは、次の製造工程での回転に代わるものです。続いて、ロボットはKehraTec 2Dおよび3Dビジョンシステムのさまざまな位置に枕木を運びます。完璧なKehraTec検査が終了すると、ロボットは再び枕木を下に降ろし、サイクルがまた最初から繰り返されます。

KUKA KR 500は信頼でき、力強く、高精度

採用されたのは、信頼性の高さと簡単な操作を特長とするKUKAの重可搬ロボットKR 500-3でした。最高500 kgの純可搬重量を持つこのロボットは、最高320 kgの重い枕木を運ぶのに理想的な条件を持っていました。この多関節産業用ロボットは、高い加工応力がかかっても、正確な動作バリエーションを提供します。また、最高3,326 mmのリーチを利用して、大きな部品の加工も可能です。さらに、コンクリート産業には手動のハンドリングを困難にする非常に激しい汚れがつきものですが、密閉された構造のロボットはこの用途において有益です。そのためロボットは、過酷な条件の下での作業をする人間作業員の理想的な代りとなります。
KUKA KR 500ロボットはKehraTecビジョンシステムに枕木を供給します。

100パーセントの品質管理が可能

このロボットによって自動化されたソリューションの採用により、数多くのメリットが得られます。まず、100パーセントの品質管理が行われます。この精度の高さは手作業では不可能なレベルです。顧客からの品質への要求は高まる一方であるため、これは非常に重要な意味を持ちます。また、時間的な要素も重要な役割を果たします。
最大320 kgの重量の枕木を重可搬ロボットは軽々と扱います。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意