KMR iiwa

自律ロボットKMR iiwaはHRC対応で、移動型です。高感度軽量構造ロボットLBR iiwaの長所と自律的な移動型プラットフォームの長所が一つのシステムにまとめられています。KMR iiwaは場所に関係なく非常にフレキシブルであり、Industrie 4.0の要求に応える理想的な前提条件です。

KMR iiwa:自律的で極めてフレキシブル

KMRはKUKAモバイルロボティクスの略です。KMR iiwaは高感度軽量構造ロボットLBR iiwaとフレキシブルな移動型プラットフォームを組み合わせたものです。その名前と個々のコンポーネントがすでに示しているように、KMR iiwaは高いモビリティとフレキシビリティを特長としています。

生産プロセスは常に変化しています。そのため、移動型ロボットシステムはますます順応性に富んだものでなければなりません。最大限の可動性および自律的な作動が大幅に生産を最適化します

LBR iiwaに搭載された7つのジョイントトルクセンサーおよびプラットフォームに装備されたレーザースキャナーによる安全なHRC。

KMR iiwaのメリット

組み合わせ可能:お客様個別の完全ソリューションをご自分で設計できます。モジュラーシステムKMR iiwaは、ロボットテクノロジー、移動型プラットフォームおよび産業用コンポーネントから数多くの組み合わせの可能性を提供します。

高感度:軽量構造ロボットLBR iiwaの各軸に装備された7つの特別なジョイントトルクセンサーにより、ロボットは周辺に対して非常に高感度になります。このロボットは保護フェンスなしで安全にナビゲートし、外からの接触があった場合はすぐに停止します。

自律的:移動型プラットフォームもまた、レーザースキャナーのおかげで完全に自律的にナビゲートできます。これは周辺を監視します。移動経路に人がいたり、物が置いてあれば、すぐに反応します。

可動:特別に開発されたメカナムホイールが移動型プラットフォームに全方向の移動と360度の回転を可能にします。各ホイールは、それぞれ軸に対して45度の角度で配置されている複数のローラーから構成されています。この最大限の可動性が生産プロセスにおける工程時間を短縮し、アイドルタイムを減少させます。

精確:非常に狭い空間でもKMR iiwaは最大+/- 1ミリメートルの位置決め精度を達成します。

インテリジェント:KUKA.NavigationSolutionの使用によって、KMR iiwaはあらゆる障害物を確実に回避し、新しい経路を自ら探します。

独立性:車両とロボットは直接リチウムイオンバッテリーから電源供給されます。

ユーザーフレンドリー:KUKA Sunrise Cabinetは車両とロボットのためのマルチキネマティクス対応コントローラで、実際にKMR iiwaを操作および使用しやすくします。

ここでは自律ロボットKMR iiwaが作業場を提供: 

高感度のKMR iiwaは自律的にナビゲートし、保護フェンスを必要としません。

自律的なプラットフォームのためのソリューション:KUKA.Navigation Solution

KUKA.NavigationSolutionは自律ナビゲート式車両のためのナビゲーションソリューションです。ナビゲーション、制御、管理または監視において、弊社のソリューションはモビリティ分野のあらゆる要求をカバーします。

SLAM方式Simultaneous Localization and Mapping/同時の自己位置推定と地図作成の略)を利用して、プラットフォームはリアルタイムで安全レーザースキャナーおよびホイールセンサーのデータをもとに自己の位置を把握し、その周辺の地図を作成します。

KUKA KMR iiwaの場合、システムソフトウェアKUKA Sunrise.OSが使用されます。このソフトウェアは軽量構造ロボットの運転のために特別に調整されたもので、軽量構造ロボット用アプリケーションのプログラミング、プランニング、プロジェクト設計に必要な革新的機能を提供します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK