KUKA.ArcTech

KUKA.ArcTechファミリーの製品で、KUKAロボットを溶接のプロにすることができます。KUKA.ArcTechソフトウェアは、非常に簡単な操作とプログラミングに必要なすべての機能を提供しています。

KUKA.ArcTechファミリーはモジュール式構造で、処理すべき溶接タスクに必要な機能をフレキシブルに提供します。

以下のソフトウェアオプションがこの製品ファミリーに属しています:

  • KUKA.ArcTech Basic
  • KUKA.ArcTech Advanced
  • KUKA.ArcSense
  • およびKUKA.MultiLayer。

KUKA.ArcTech Basicソフトウェア

KUKA.ArcTech Basicはこの製品ファミリーの基本モジュールです。これは、典型的なすべての標準溶接タスクを処理するのに必要な機能をすべて提供します。その際、制御する電源がMIG/MAG、WIGまたはプラズマ機器であるかどうかは重要ではありません。

Basic仕様の機能:

KUKA.ArcTech Basicは、ジョブモード(プログラム番号選択)あるいは特性曲線モード(コンダクタンス基準値) による電源制御を伴う炭酸ガスアーク溶接を可能にします。このため、KUKA.ArcTechはお客様の希望やご使用の溶接電源に応じてフレキシブルかつ簡単に使用できます。

このアプリケーションソフトウェアKUKA.ArcTech Basicを使えば、KUKAロボットが溶接ロボットになります。これはKUKAロボットコントローラKR C4のコマンドセットに、溶接工程をプログラミングするためのコマンドをさらに加えます。

簡単で快適な操作のために、KUKA smartPADのこれまでの操作インターフェースに、溶接プロセスおよび電源制御のための便利なステータスボタンがいくつか追加されます。

KUKA smartPAD上のArcインラインフォーム。

以下のツールおよび機能がArcTech Basicの同梱品に含まれています:

  • WPS(溶接施工要領書)実行用の点火・溶接・終端クレーターのパラメーターに関する溶接パラメーター記録管理
  • 溶接パラメーターのオンライン最適化用エディタ
  • ユーザープログラムでの溶接パラメーターのオフライン最適化用エディタ
  • 自由に定義できる生産表示
  • 例えば溶接パラメーターの設定やプログラミングのために電源ウェブサイトをビジュアル化するウェブサイト表示(Kemppi A7 welderなど)
  • 手動TCP検査
Kemppi A7 welderサイトを含むArcTechウェブブラウザ

さらにArcTech Basicには、点火および溶接エラー発生時に必要な自動エラーリカバリーが含まれているため、ロボットができる限り自律的に溶接の問題を解決できるようになっています。

KR C4コントローラは、標準のEtherCATやその他すべての典型的なシステムのフィールドバスを通じて電源と通信します。KUKA.ArcTech BasicはLincoln Electric ®の特殊なArcLink® XTプロトコルもサポートしています。

設定の制御シグナルはKUKA.WorkVisualおよび例えばFronius、Kemppi、Miller、Lorch、ESAB、SKSならびにEWM電源用の既定の設定を使って快適にワンクリックで作成できます。もちろん独自の設定を作成することもできます。

KUKAは炭酸ガスアーク溶接用の特殊なロボットを提供します。

KUKA.ArcTech Advancedソフトウェア

拡張オプションのKUKA.ArcTech Advancedは、KUKA.ArcTech Basicのソフトウェアオプションを要求の多い溶接タスクのための追加機能で補います。このように、ロボットシステムの要件やその生産タスクの変化に対応できるように、ArcTechの機能範囲をいつでも拡張することができます。

KUKA.ArcTech Advancedの追加機能:

  • 4台までのロボットを使用して1つの部品で同時に溶接するためのソフトウェアKUKA.RoboTeamを使った溶接
  • 高度エラーリカバリー - Advanced Error Recovery
  • シームごとにプログラミング可能なエラーリカバリー
  • さまざまな厚板溶接機能
  • 溶接パラメーターの調整
  • SKS Synchroweld™およびFronius Dynamic Power Controlのサポート
  • 溶接シームのプロセスコントロール用PLCインターフェース
  • ユーザー固有の拡張機能用エンジニアリングインターフェース

KUKA.ArcSenseの追加オプション

KUKA.ArcSenseは、KUKA.ArcTech Advanced用追加オプションを提供するKUKA.Techpaket(技術パッケージ)です。これにより溶接ロボットが、実際の溶接パラメーターの分析によって溶接時にシームトラッキングを実現できます。この技術はアーク放電振り子センサーの名でも知られています。これによりロボットが、ワーク許容差あるいは熱変形によって生じる溶接シーム位置の偏差を自動的に補正できるようになります。

KUKA.ArcSenseの機能:

KUKA.ArcSenseは、ロボット制御から直接フィールドバスインターフェース上で、あるいはKUKAの計測分路を通じて提供されるフィードバックシグナル(実際の溶接パラメーター)を分析します。

このことが多様な使用領域を可能にします:

  • 例えば隅肉溶接やV形溶接などのMIG/MAG溶接における側面および高さ調整
  • 一定のトーチ間隔(スティックアウト)でのMIG/MAG溶接のための高さあるいは間隔調整
  • WIG溶接、プラズマ溶接、プラズマ切断のための高さあるいは間隔調整

シームトラッキングにおいてエラーが発生した場合、KUKA.ArcSenseは溶接トーチ(TCP)がシームの位置に戻って、シームトラッキングを新たに開始できるようにする比類ない機能を提供します。さらに、内蔵診断機能でセンサーの調整をグラフィックで分析でき、各溶接シームの全パラメーター設定がKUKAログブックに保存されます。

KUKA.MultiLayerのソフトウェアオプション

KUKA.MultiLayerは、KUKA.ArcTech Advanced機能拡張のためにKR C4コントローラにインストールされます。これにより、多層溶接シームを簡単に素早くプログラミングでき、それがロボットによって処理されます。

KUKA.MultiLayerソフトウェアの機能:

多層溶接シームの簡単かつフレキシブルなプログラミング

KUKA.MultiLayerによって、多層溶接シームのプログラミングが簡単になります。それは、このために初層溶接のみを既定のプログラム構造にティーチングするだけで済むからです。

中間層・最終層の変位値は簡単にデータベースに保存できるため、このデータに複数の溶接プログラムからアクセスできるようになります。

ArcTech溶接パラメーター記録管理に規定されている個別の溶接パラメーターは、多層溶接の各シームに割り当てることができます。

PathMemorization

シームトラッキングセンサーの使用時は、PathMemorization機能が実際の位置を保存します。そのため、この検出された許容差情報を元に中間層・最終層も正しい位置で溶接できます。

KUKA.ArcTechのシステム要件

  • KUKAシステムソフトウェア8.2
  • KUKA.WorkVisual
  • KUKAロボットコントローラKR C4
  • フィールドバスシステム(DeviceNet、Interbus、Profibus、ProfiNet、EtherCAT、Ethernet IP)あるいはLincoln ArcLinkXTインターフェース用のイーサネット接続
  • 特性曲線モードあるいはジョブモードによる制御の電源(顧客側) - 適切な電源(FRONIUSなど)はKUKAでご購入いただけます

 

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意