KUKA.CNC

最高のロボットパフォーマンス:弊社のシステムソフトウェアKUKA.CNCは直接CNCとロボットを接続するため、従来のCNCコントローラ同様の操作が可能になります。

KUKA.CNCの機能

  • CNCベースのロボットプログラミング
  • コントローラ上でのツール半径修正
  • ロボットの経路パフォーマンスの改善
  • CAD/CAMシステムによるオフラインプログラミングのためのオプション

KUKA.CNCのメリット

すぐに使用可能 

KUKA.CNCは初めてNCコントロールコアをKR C4に完全搭載しているため、NCプログラムを直接KUKAコントローラKR C4上で動かせるようになっています。CAD/CAMシステムを使ってオフラインでプログラミングしたNCプログラムは、事前の変換なくKRL(KUKAロボット言語)で編集し、ロボットと動かすことができます。

KUKA.CNCでKUKAは、CNCコアの他に独自のCNC特有のユーザーインターフェースを提供しています。これにより、smartPAD上にはKRL操作インターフェースsmartHMI(KRL操作)の他にCNC操作インターフェースCNC-HMI(CNC操作)が用意されています。

直観的操作と明らかな精度向上

KUKA.CNCのユーザーインターフェースには標準的なCNC制御の操作エレメントが装備されているため、特にこれまでCNC加工機械分野で経験を積んできた機械オペレーターが簡単に速くCNCロボットの操作を引き受けられるようになっています。CNC制御により、非常に多くのプログラムブロックから成る大きなプログラムも処理できます。

100万個までの経路ポイントを含むプログラムがすでにうまく処理されました。個々のCNC経路ポイントの間隔を小さくして、経路ポイント150個のプレビューに基づいた経路プランニングと組み合わせることで、KUKA.CNCロボットの経路精度と経路走行動作が明らかに改善されます。

馴染みのあるインターフェースで迅速なプログラミング

KUKAロボットは工作機械のように加工作業を行うことができます。また、KUKA.CNCのインターフェースにより、GコードかDIN 66025準拠コマンドでプログラミングが可能です。ユーザーはインターフェースを直感的に理解でき、プログラムをCAD/CAMチェーン経由で作成し、シミュレーション実行後にはロボット言語に翻訳することなくロボットで処理できます。次のものが含まれています:ツール半径補正、交換用ツール、および他の多くの既知のCNC機能。
非常にユーザーフレンドリー:KUKA.CNCソフトウェアのインターフェース

KUKA.CNCのシステム要件

  • ロボットコントローラー KR C4
  • KUKA System Software 8.2
  • KUKA.PLC ProConOS 4-1 4.0
  • 標準ラップトップ/PC
  • WorkVisual 2.1
  • KUKA.PLC Multiprog 5-35 4.0

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意