自分の現在地を選択してください:

KUKA employees are supported by FlexFellow

コボット:同僚として働くインテリジェントなロボット

コボットの導入により工場がスマートファクトリー(スマートな工場)になります。KUKAは2014年すでに、LBR iiwaで世界初のコボットを開発し、新型LBR iisyで新たな業界標準を確立しています。これらのコボットは、人間にとって面倒であったり、単調であったり、危険であったりする作業手順を引き受けます。これにより、コラボレイティブロボットは、プロセスを最適化し、生産性を向上させます。


コボット vs. ロボット:正確なところコボットとは何ですか?

コボットとは、従来の産業用ロボットとは違い、保護装置なしで同じ作業エリア内で人間と共同作業を行うことができるコラボレイティブロボット、または協働ロボットのことです。コボットのセンサーとカメラによって、ロボットが人間の同僚を決して負傷させないことが保証されます。一方、従来の産業用ロボットには、保護柵などの安全対策が必要でした。

ヒューマン・ロボット・コラボレーション(HRC)安全の保証

現在のHRC対応ロボットとは、人間が接れることのできる機械であり、そのロボットと人間は相互作用が可能です。作業者とコボットは、同じ作業スペースを共有します。それによって、企業は高価な供給システムや製造面積を節約することができます。人間とロボットが協働作業を行う場所で、従来の安全予防措置が不要になります。予期せぬ接触が起こった場合、協働するロボットは、そのスピードを落とし、それによって運動エネルギーも低下させるなどの対応を取ります。これにより、安全技術および防護柵のためのよくある追加コストが不要になります。作業スペースに柵がなければ、新しく、極めて効率的で、はるかに柔軟なタスクが可能になります。産業用途におけるワークアシスタントとして、公的スペースでのサービスロボットとして、臨床環境でのケアロボットとして、または家庭でのヘルパーとしてのタスクが考えられます。
Cobots in Industry
コボットによって繊細な作業の実施が容易になり、ここでも品質の向上が実現されます。

KUKAコボット:産業界の用途範囲

危険な頭上での用途、単調かつ繰り返される作業手順、あるいは緻密なマイクロ作業:コボットは、これらの作業手順を引き受けてスタッフの負担を軽減し、一定して高い品質を提供します。内蔵センサーによって、コラボレイティブロボットは、小型部品の組み立て作業の自動化を可能にします。また、協働ロボットは、自動車用ギヤボックスを組み立て、ゴム栓を差し込み、リンプパーツを加工します。
人間の同僚は、他の部分の自分の作業に集中することができます。コボットがパーツを加工している間、作業者は既に次の生産手順の準備します。認知可能なロボットは、周辺環境にインテリジェントに反応し、自立して動きます。.これは、ヒューマン・ロボット・コラボレーション(HRC)、あるいはまたコラボレーティブ・ロボティクスと呼ばれます。インテリジェントなコボットは、自動化の新しい分野を開拓します。このコボットは、機械あるいは物流システムを積載したり、自ら産業用ロボットなどを組み立てます。

KUKA LBR iiwa コボット:製造におけるAI

既に2014年に、KUKAは、コボット分野のパイオニアとしてLBR iiwaでIndustrie 4.0における人間と産業用ロボットの新しい関係のための礎石を据えました。軽量ロボット iiwaはその高感度技術により、スマートファクトリーのコンポーネントとして人間の同僚から学習することができます。クラウドに接続し、特別にプログラムされたこのコボットは、作業の結果を独立して記録・確認・最適化することもできます。

使用中の協調型ロボティクス:4台のLBR iiwaによる後部車体製造

人間と機械が協働作業を行います。シーリング材の継ぎ目を合わせる場合、単調で手間のかかる汚い作業プロセスが重要になります。人間にとっては嫌な仕事でも、協働ロボットは苦にしません。作業者は、手動コントローラーによってロボットを一度プログラムします。その後、スマートな機械は、自立的に迅速・正確・効率的に動作シーケンスを実行します。 
成功要因としてのコボット:「従業員はスムーズな作業プロセスに集中することができます」と、このようにFord製造エンジニアのミヒャエル・コッホ氏は言います。

LBR iisy Cobotが新しい業界標準を確立

新型LBR iisyは、わずか数分で作動可能な状態になり、オペレーティングシステム iiQKA.OSによって直感的な操作が可能です。また、コボットは幅広い生産分野で活用でき、簡単な手引きでティーチングできるため、コラボレイティブロボットのプログラミングに関する予備知識は必要ありません。LBR iisyは、特に機械のローディングとアンローディング、小型部品の取り扱い、ピックアンドプレース作業、包装やテストの分野に適しています。そのため、LBR iisyの用途には制限がありません。

Zollner社で使用中されているLBR iisy

Zollner社で使用されているKUKAの新型LBR iisyコボット

KMR iiwa:自律型プラットフォームとコラボレイティブロボットの融合

KMR iiwa(KUKA Mobile Robotics)は、LBR iiwaとモバイルで柔軟なプラットフォームの両方の長所を兼ね備えています。このように移動型ロボットは高い柔軟性を生み出し、様々な製造工程に容易に統合することができます。コボットの機動性により、最大限の操作性を実現し、生産工程を高いレベルで最適化することができます。HRC対応の移動型ロボットは、Mecanumホイールを搭載し、非常に高い柔軟性を提供します。クリーンルーム対応モデルでは、あるプロセスから次のプロセスへのデリケートなコンポーネント(ウェーハ、マスク、キャリア)の安全な搬送と取り扱いを保証します。このコボットは、自律的にスペースを節約しながら全方位に作動します。

KMR iiwaの高い機動性

LBR Med:医療用コラボレイティブロボット

医療技術においてこそ、正確な作業は必須条件ですKUKA LBR Medコボットによって、医師や医療スタッフは信頼できる同僚を補佐役にすることができます。

高感度の7軸軽量ロボットは、診断から治療や外科手術に至るまで対応可能です。このロボットは、激しく反復的で疲れる業務や特別な精密さが必要とされる場所で活躍します。


LBR Med
医療におけるHRC:ロボットSculpturaは、腫瘍に狙いを定めて放射線を照射することができます。

コボットの用途:医師・看護師・認識機能を持つロボットの共同作業

KUKA LBR Medをベースにした、医療機器Sculpturaなどは、医師が体内の特定の腫瘍に狙いを定めて放射線を照射することができます.。この精密な処置によって、周りの健康な組織は保護されます。
リハビリにおいても看護師の方々がコボットと共同作業します。リハビリロボットROBERT®は、手術後の患者に運動のリハビリを行うことで介護スタッフの肉体的および精神的負担を軽減します。
リハビリにおけるHRC:コボットは患者さんの負傷した足を動かすことで患者さんや介護スタッフを助けます。

産業用途におけるHRCロボットのメリット

  • Icon: Effiziente Arbeitsteilung

    効率的な作業分担:

    人間とロボットの完璧な相互補完。コボットが骨の折れる作業や単調な作業を行う間に、作業者は次のステップを準備し、結果のチェックし、効率的なプロセスを運営します。
  • 保証された安全性:

    人間にとって危険な作業や嫌な作業を、協働ロボットが安全・迅速に行います。長時間にわたり高い集中力を必要とする作業も、コボットはミスなく行うことができます。
  • 最大限の自動化:

    インテリジェントなロボットは、理想的に相互にネットワーク化されています。作業ステップを効率的に一緒に処理することを学びます。こうして、インテリジェントな製造がコボットによって行なわれます(smart production - スマート製造)。 
  • Konstant hohe Qualität

    高い製造品質:

    ロボットは、高精度・迅速・休止なしで作業を行います。また、コボットはインテリジェントに作業を行い、連続した作業ステップを学習すると共に最適化することができます。これにより、製造品質が向上します。

コボットとのMeet & Greet

当社のKUKA HRC Tech Centerで、人間とロボットの完璧な協働作業をご体験ください。

将来の産業:将来、人間とロボットどのように協働作業を行いますか?

コラボレイティブロボットは、インダストリー4.0において重要な役割を演じています。コボットは、現代のネットワーク化された生産とロジスティクスのためのオールラウンダーであり、自動化ソリューションをサービスおよびデータベースと結び付けます。しかし、ロボットだけが稼働する工場は、スマートファクトリーにおいてもまだ幻想にすぎません。今後も、人間が中心になります。しかし、ロボットは今後ますます作業者の負担を軽減すつためにサポートするようになります。
人間はより効率的に、より集中して、とりわけより人間工学的に配慮して作業に専念するすることができます。まさに高齢化する一方の社会において、この観点はますます重要になります。今後、社会保障制度のために全生産能力を発揮しなければならない被雇用者がますます減少していきます。これは、利用可能な労働力をこれまでのどの世代よりもより生産的に投入することによってのみ解決可能な挑戦です。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定