プラスチック産業における効率的な自動化

KUKA のロボットをご採用いただくことで、より高い効率と経済性、そして柔軟性が得られます。未来を見据えた自動化ソリューションをご採用ください。

「効率」の概念を変える:プラスチック産業におけるKUKAの自動化

KUKAのロボットはプラスチック産業における効率とスピードをサポートします。

プラスチック産業におけるKUKAのロボット

KUKAは、プラスチック産業での使用に特化したロボットの幅広い製品ラインアップを提供します。これらは、この産業において不可欠な4つの特徴を備えています:

  • 軽量:
    KUKA シェルフマウントロボットの長所はその身軽さとコンパクトなサイズです。この特徴により、場所を取らず、わずかな手間で機械に直接取り付けることができます。
  • 高速:
    移動質量を減らした KUKA シェルフマウントロボットは、高いダイナミクスでサイクルタイムを短縮します。ひいては生産性と経済性が向上し、短期間で投資を回収できます。
  • 失敗しないプランニング:
    どのKUKAロボットファミリーも、アンカー用ドリル穴パターンは同じです。そのため、機種の異なる複数のKUKAシェルフマウントロボットを寸法が異なる機械に取り付ける際にも、プランニングに余分な手間がかかりません。
  • ディープリーチ:
    KUKA シェルフマウントロボットの特に大きなリーチは、下向きにアームを伸ばすように考えられた結果です。上から行う作業エリアに最適です。低身長のため、頭上のスペースがわずかでも問題ありません。

    プラスチック産業におけるKUKAのユーザー事例の一覧はこちらからご覧いただけます。

KUKAは、プラスチック業界に最適なロボットの幅広い製品ラインアップを提供します。
  • KR 3 AGILUS シリーズ:
    KR 3 AGILUSは、サイズが600×600mmのみのセル内での自動化を可能にします。そのインテリジェントなデザインのおかげで、費用対効果が高く、メンテナンスもほとんど不要で、信頼性も高くなっています。
  • KR AGILUS シリーズ:
    毎分12インチ以上のサイクルで、スピードにおいてはどの製品より勝っています。防水仕様もご利用いただけます。
  • KR QUANTEC K シリーズ:
    KUKA シェルフマウントロボットの特に大きなリーチは、下向きにアームを伸ばすように考えられた結果です。上から行う作業エリアに最適です。
  • KR 30/KR 60-4 KS シリーズ:
    細長いアームを備えたKR 60 L16-2 KSは、狭い作業エリアに最適なロボットです。
  • KR 16 シリーズ:
    邪魔になる輪郭を極力排除したスリムなデザインで、スペースを必要とせず、狭い空間であっても、指定のポイントに到達可能です。
  • KR CYBERTECH nano シリーズ:
    狭い空間における正確性、コンパクトさ、柔軟性でKR CYBERTECH nanoは、ハンドリングおよび継続したパス用途に最適です。
  • KR QUANTEC シリーズ:
    可搬重量とリーチを区分けした、インテリジェントなKR QUANTECシリーズ。可搬重量90~270キログラムまでのロボットのシステム統合を、簡単・確実・経済的に実現します。

自動化を簡単にそして安全に実現する

また、KUKAのインテリジェントなロボット技術では、技術の統合、プログラミングおよび制御を可能な限り単純に設計することを目指します。ここで画期的なのが、KUKA.PLC mxAutomationを介した操作です。これは、考え抜かれたコンセプトに基づく自動化ソリューションにより安全でエラーのない取り扱いを可能にし、労力を要するトレーニングや深い専門知識は不要になります。

迅速なプログラミングを可能にする、お馴染みのユーザーインターフェース

KUKA ロボットはプラスチック加工機などと同様に加工ジョブを扱い、また、プログラミングも、KUKA.CNC インターフェースを使用することにより、G コード(DIN 66025)で行うことができます。その為ユーザーはすぐに理解できます。プログラムはCAD/CAMチェーン経由で作成でき、シミュレーション完了後にはロボット言語に翻訳することなく、ロボットで処理が可能です。ツール半径補正、交換用ツール、および他の多くの一般的な CNC 機能はすでに内蔵されています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK