自動車サプライヤーでのMAGロボットによるラダーフレーム自動製造

ラダーフレームの自動溶接:オーストリアのグラーツ市近くのレープリング市にあるMAGNA Presstecでは、KUKA生産ラインのおかげでトラブルフリーです。2017年以降、ここでは、メルセデス・ベンツGクラスのフレームが全自動で製造されています。

KUKAロボットシステムにより、安定したプロセスの大型部品溶接

1979年以降、 Gクラスは、 メルセデス・ベンツにおける製品ポートフォリオの堅実な要素です。このオフロードの象徴は、堅牢で長寿命のオフロードカーです。これに関しては、最近のアップデートでも何も変わりありません。Gクラスがずっと以前から表してきた2つの指標である、テクノロジーと再識別値に明示的に特別な注意が払われています。こうして、全長を53ミリメートル、全幅を121ミリメートル拡大した自動車が、泥、岩塊および道のないオフロードで道を切り開けるように、ラダーフレームも特別に加工され、ボディの必要な安定性に配慮されています。

同時に、製造における新しい年代計算も新型Gクラスで開始されました。以前は、多くの大型部品が手で溶接されていましたが、MAGNA Presstecではこの作業を今やKUKAの生産ラインが引き継ぎ、ラダーフレームは自動溶接が可能です。

MAGロボットによる自動化に関して経験豊富なパートナー

「安定したプロセスの製造手順のために、特に主要な2つのチャレンジがありました」と、KUKAのプロジェクトマネジャー、ドミニク・プファイファー氏は言います。一方では、省スペース:2,000平方メートルの大面積の生産およびロジスティクスは、生産システムのためにすべてを使用することはできません。さらに、細長いホールがありました。「他方で、コンポーネントのサイズに注意しなければなりませんでした:全長4.30メートル、全幅1.20メートルで、ラダーフレームの重量は230キログラムを超えます。」約145個の個別部品が加工されます。溶接継目の全長はほぼ80メートルになり、溶接箇所は200を超えます。

KUKA MAGロボットは、サイドメンバーおよびクロスメンバーをフロントボディまたはリヤボディと一緒に溶接します。
「ソリューション:45台のロボット、特にタイプKR 30 L16のロボットはMAGロボットとして、KR 240は溶接装置として多数の部品の接続に配慮し、ラダーフレームを自動溶接します」と、ドミニク・プファイファー氏は説明します。左のホール側は、ワイヤードラムまたはロボット装置用供給路として、コンポーネントラックはは、生産プロセス中の個別部品用保管場所として使用されます。制御およびプロセス管理のために、KUKAは独自の標準miKUKAが使用されます。これは、マシンステータスに関する情報を明確に示し、標準化された機能によって操作を簡単化します。
KUKA MAGロボットシステムによって、毎年20,000個のラダーフレームが生成されます。

毎年20,000個のラダーフレーム自動溶接

自動化されたKUKAロボットシステムで毎年20,000個のラダーフレームが生成されます。一方で大型構成部品は様々なステーションで合わせ溶接されます。フロントボディとリヤボディの2つのメイングループ用ラインは、システム的に同一の構造ですが、左右対称に配置されています。ソリューションの重要な要素は2つの圧搾ステーションです。十分に考慮された溶接手順によって、その後、部品はできる限り変形および応力なく溶接されます。
大型部品の溶接:KUKA生産ラインによって、Magna Presstecは毎年20,000個のラダーフレームを製造しています。

不具合の影響が発生していても、私たちはこれをいつもうまく処理できていました。これにより、弊社は一緒にプロジェクトで成功を収めることができました。

KUKAのプロジェクトマネジャー、ドミニク・プファイファー氏。

同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください