自分の現在地を選択してください:

KUKAパレタイジングロボットが支えるファミリーミルのサクセスストーリー

フランスでの小麦粉袋の最大重量が40kgから25kgに削減されるという規格変更がありました。これにより、小麦製造業者のムーランブルジョワ一家の供給キャパシティが限界に達しました。小麦の供給規模が従来と同じでも、倍の数の小麦粉袋に詰め、運搬・積載が求められることになったのです。そこで実績のあるKUKAロボットによる自動パレタイジングに助けを求めました。


バゲット、ビスケット、フラットブレッドに適したフランス産小麦

ブルジョワ― その名は1895年以来、最高品質の小麦を保証するものでした。「私たちは 独立した製粉業者として4世代にわたり働いてきました」代表取締役社長のユリアン・ブルジョワ氏は語ります。「ワイナリーがブドウの品種を選び抜くように入念に、私たちは穀物の品種を選び抜きます。」80年にわたり、本社はパリから80キロ東に位置するヴェルデロットに置かれています。ムーランブルジョワは着実な成長を続ける現在でも、自らをファミリーミルと位置づけています。そして フランス産穀物のみを加工し 、また手作りのベーカリーをメインターゲット層とみなしているにもかかわらず、ムーランブルジョワの供給はすでに長きにわたり全世界に及んでいます。ムーランブルジョワの伝統品種および有機栽培の小麦粉は、とりわけドイツ、ノルウェー、エジプト、サウジアラビア、中国、ブラジルに多く輸出されています。

自動パレタイジング:つらい手作業を削減し、運搬容量を増やす

ヴェルデロットにある全自動の配送センターは、5台のKUKAパレタイジングロボットによる高速で確実な動作でメリットを得ています

ブルジョワ社を襲った危機

それと同時にブルジョワ家には、10年の間に2つの克服すべき大きな挑戦がありました。2010年6月28日、制御盤内の熱滞留 が原因で 出火し、ヴェルデロット本社の主製粉機が壊滅しました。工場は貸与された製粉機で供給を続けました。それに平行してブルジョワ社の経営者は、衛生面の注意点を改善しほぼ倍の生産量を実現する新しい製粉機を18ヶ月以内に設置させたのです。

従業員には好ましく、製粉機には挑戦的

全てが好調に始動しました。しかしほどなくして、新しい規則が小麦生産業者にさらなる挑戦をもたらすであろうことがはっきりしてきました。社会保障の国民健康保険基金(CNAM)および専門業者団体である全国製粉業者協会(ANM)は、製粉業従事者の身体的負荷を低減させるべきであるとする規則に合意したのです。これ以降、許可される小麦粉袋一個の重量は最大25 kgとなりました。4代目として同族経営企業を率いるJulienおよびDavid Bourgeois両氏は新しいアプローチを必要としていました。
ムーランブルジョワは、今日ではヨーロッパで最先端の小麦生産場所のひとつとなっています
ヴェルデロットの本社社屋:ムーランブルジョワでは一日に最大170 tの小麦を出荷しています。

つらい肉体労働から全自動の配送センターへ

40 kgから25 kgの小麦粉袋へ切り替えなければなりませんでした」Julien Bourgeois氏は続けます。「それは従業員にとっては良い知らせでした。つらい肉体労働を減らせるわけですから。しかし以前の7,000個から実質的に倍増した 一日当たり袋の数個の袋をトラックに積載しなければならなくなったのです。それは到底無理な話でした。」これまで常時6人の従業員が小麦粉袋のパレット積み付けとトラックへの積載業務にあたっていました。このようなつらい肉体労働は思い通りにスピードを上げられるものではありません。 
新しい規則によって小麦粉袋一個の重量は40 kgから25 kgに減らされました。

自動化された「トラック積載」ソリューション

チームを過重な負荷から守り、またこれからも全ての注文に応じることができるようにムーランブルジョワは全自動の配送センターに投資することを決めました。しかし、従業員は仕事を続けました-今日では積み込みの段階で、それぞれの袋が適切なトラックのもとに到着し、それが確実に積み込まれたかどうかを確認しています。2014年には、KUKAパレタイザー5台を含む100%自動「トラック積載」ソリューションにゴーサインが出されました。自動パレタイジングによる配送センターが2015年9月に開設されました。それ以来、KR 180 R3200 PA (KR QUANTEC PA) 2台とKR 300-2 PA ロボット3台が、荷下ろしと適切なコンベアベルトへの積載というオーダーピッキングプロセス全体を担っています。

KUKA社は私たちの目標を理解してくれ、私たちが必要とする解決策を知っていたのです。KUKAロボットとAB Processインテグレーターのおかげで私たちは目標を完全に達成することができました。

ムーランブルジョワ代表取締役社長のジュリアン・ブルジョワ氏

自動パレタイジング:未来志向のチームワークが実を結ぶ

イントラロジスティクスは Viastore Systemsが担当し、インテグレーターは AB Processが担当しました。AB Processの創業者であり、代表取締役の一人であるクリストフ・アブジャン氏が、この新しい配送センターがどのような意味を持つのかについて語ります。「倉庫でのパレット受け入れからトラックへの袋の運搬までオーダーの準備は100%自動化されています5台のKUKAデパレタイジングロボット はピッキング作業をスムーズに引き継いで、目覚ましいスピードで行います。そのシステムは一時間当たり2000個の袋を処理する能力があります。」その際、袋詰めされた商品は配送ルートに合った順番でトラックに到着するようにあらかじめ仕分けされます。
自動パレタイジングロボット:2台のKR 180 R3200 PAが袋を1個ずつベルトコンベアに載せていきます
KR 300-2 PA は一時間当たり最大550個の袋を規則正しくしっかりと掴んで動かします 

夢のチーム:2台のKUKAパレタイジングロボットのメリット

2台のKR 180 R3200 PAが袋を一個ずつベルトコンベアに載せていき、省スペースで小回りの利くソリューションであることがわかります。各ロボットは一時間あたり100袋をパレットに積みつけることができます。対してKR 300-2 PA パレタイジングロボットは、5個の小麦粉袋を一度に受け止め 一時間当たり最大550個の袋を動かします。このロボットの型式はKUKAが高負荷下での高速処理のために特別に開発したものです。最大300kgまで容易に優しくパレット積み付けでき、様々な高さの構造フレームにより、タスクに柔軟に対応することができます。KUKAフランス・ベネルクス三国・マグレブ担当管理部長のエマニュエル・ベルゲロ氏は以下のように結論付けます:「ムーランブルジョワのオートメーションは、ロボット力学とそれを制御するソフトウェアの両方において絶え間ない技術革新に取り組んできた結果です。このシステムは、非常に要求の高い、しかし効率的な物流に貢献しています。」

パレット積み付けがより速く、正確になる-そしてさらに

配送センターは、寄せられる高い期待に十分応えました。今では受注から配送までにかかる時間は24時間を下回ります。それにより、もともと人気のあるムーランブルジョワの小麦粉は顧客にとってより魅力的なものとなっています。ムーランブルジョワは一日当たり最大170 tの小麦を出荷しています。年間売上は2015年の4千万ユーロから2020年には5千万ユーロに上昇しましたそしてブルジョワ兄弟は150人の従業員たちが会社に満足していること、またそこがヨーロッパで最も効率的で近代的な小麦の生産場所のひとつであることを喜ばしく思っています。 
小麦粉は配送ルートに合わせた順番でパレットやトラックに着荷します

「成熟した企業として」

「システム切替によって、小麦粉袋の積載量が60%増加しただけでなく、従業員の筋肉痛や骨折などケガのリスクを減らすことができました」と、ジュリアン・ブルジョワ氏は満足げに報告しています。「企業として成熟した私たちには大きな需要があり、そのため以前より多くの総従業員を抱えています。」

最寄りのKUKAシステムパートナーを探す

ここで、お客様の業界や課題に応じた最適なパートナーを見つけてください。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定